理想に近づく美容ライフ

お肌をきれいにするお風呂での一工夫

シトラスバス

お風呂は普通に入るだけでも、1日の疲れをとり心と体をリラックスさせます。また、入浴するときに少しの工夫をするだけで、お肌をきれいにすることができます。

お肌をきれいにするためのお風呂の温度は、38度から40度が理想的です。この温度内では、お肌を守るよい成分を保持することができます。そして体に負担をかけることがないため、お肌作りにも直接影響してきます。また入浴時間は20分以内にしましょう。あまり長く浸かると、お肌に大切な保湿成分が流れるためです。長時間入浴することで、かえってお肌が乾燥します。対策として、入浴前にコップ一杯の水を飲むと効果的です。
事前に水分補給をしておくことで、入浴中の水分消費をカバーして乾燥を防ぐことができます。

入浴剤を利用することは効果的です。入浴剤に入っている成分で保湿効果を高め、新陳代謝を促すことで血流がよくなりよいお肌を作るための手助けをしてくれます。それから入浴中はセルフマッサージを行いましょう。マッサージをすることで血流がよくなり、筋肉がほぐれます。内臓によい影響を与えることで、便秘や生理不順を防ぎよいお肌を作ることにつながります。
方法としては自分で首や肩、頭皮、疲労箇所をマッサージします。そして両手を上げたり、首を軽く回したりするとよいです。

これらのようにお風呂に入るときにひと工夫することで、綺麗なお肌作りにたいへんよい影響を与えます。楽しみながら実行しましょう。