理想に近づく美容ライフ

ふくらはぎからお尻までのラインを美しくする方法とは

ふくらはぎからお尻までのラインは女性がしばしば気にする部位の1つです。
そもそもふくらはぎが太くなるのは大きく分けると2つです。1つは肥満によって脂肪がつきすぎていることが挙げられます。この場合は食事制限をすることが大切です。もう1つは筋肉がつきすぎていることです。普段の生活でふくらはぎに負担をかけていると筋肉がついてラインが崩れやすくなります。そのため、ふくらはぎに負担をかけないように正しい姿勢で歩くことを普段から心がけましょう。猫背にならず背筋をしっかり伸ばすことです。これだけで筋肉バランスが整えられてかなり改善されます。あるいは、お尻と太ももを鍛えるストレッチをすることでふくらはぎのむくみも解消できます。

また、お尻が垂れているとどうしてもラインが美しく見えにくいです。骨盤をあまり動かさずに歩いたり、歩くときに膝から下のみを使っていると、お尻が垂れやすくなります。そのため、こうした歩行をまずはやめることです。それから、骨盤を動かす歩き方を意識することも大事です。
具体的には、歩いているときに脚を後ろにしっかり伸ばすことを意識しましょう。そうすると骨盤がよく動きます。骨盤は弾力性を持っているので、普段から動かしていくと弾力性のある脂肪がついて上向きヒップを手に入れることができます。それから、座るときもお腹に力を入れて正しい姿勢を維持するとヒップに丸みが生まれます。

ふくらはぎからお尻までのラインを美しくするにはこうした日々の意識が重要です。