理想に近づく美容ライフ

UVカットは日傘や帽子だけでは足りない?カーディガンとメガネも忘れず着用

麦わら帽子の女性

日差しが強い春から夏にかけては、紫外線防止対策が必須です。紫外線は肌のシミやシワ、たるみの原因になることは良く知られています。肌トラブルを避けるために、UVカット効果のある化粧品を使用している人も多いでしょう。しかし、日焼け止めクリームやスプレーなどは小まめに塗布し直さないと効果が薄れてしまいます。そこで、外を歩くときは化粧品にプラスした対策をとることが必要です。

日焼け防止アイテムとしては日傘や帽子が一般的ですが、日傘は人混みの中では差しにくく、帽子は顔や首を覆うだけになってしまいます。紫外線から場所を選ばず体全体を守るためには、UVカット機能のあるカーディガンがお勧めです。カーディガンは肩や腕の日焼けを防ぐのに効果的なうえに着脱しやすく、電車や室内での冷房対策にもなります。UVカット以外にも接触冷感素材など、夏でも快適に着用できる機能を備えたものもあります。用途やファッションに合わせて選ぶと良いでしょう。また、ボトムスは肌を露出しないロングスカートやフルレングスのパンツがお勧めです。

肌だけでなく、目の紫外線対策も必要です。強い日差しが目に入ると、脳が反応して肌のメラニン色素を出すように働きかけ、肌が黒く日焼けした状態になります。さらに、紫外線は白内障はじめ、さまざまな眼病の原因にもなります。UVカット効果のあるメガネやサングラスをかけることで、紫外線による目へのダメージを軽減させるようにしましょう。