理想に近づく美容ライフ

痩せすぎはむしろ美容にとってマイナス

考える女性

若い女性を中心に、行き過ぎたダイエットが流行っています。美容のために少しでも体重を落としたい、憧れのモデルさんのようにスリムなアイテムを格好良く着こなしたい、これは女子なら誰しも自然と抱く思いかもしれません。ただ、痩せすぎはかえって美容にマイナスな影響を与えます。

短期間で痩せようと、断食をするのは美容的に逆効果です。断食によって一時的には大幅に体重や体脂肪は低下しますが、リバウンドを起こす危険性が極めて高く、一旦は数キロ減量に成功したとしても、その後に暴飲暴食をしてしまい、かえってダイエット前よりも太ってしまうリスクが非常に高いのです。
また短期間で極端に脂肪と筋肉を落とすと、貧血の危険性が高まったり、肌荒れが起きやすくなったり、生理不順の懸念が広がる等、女子として辛い日々を自らの手で引き寄せてしまうかもしれません。無理なダイエットが原因でメンタルのバランスを崩すリスクも高く、ストレスフルな日々にいったん陥ると、やはり暴飲暴食の恐れが出てきますし、髪や肌なども荒れやすくなります。

アタマをかかえる女性

世界のファッション業界でも、痩せすぎたモデルさんはあえて起用しない動きが広がってきています。スリムなファッションだけが流行る時代でもなくなり、いわゆるぽっちゃりした体形のファッションリーダーも近年急増中です。

同じ美容目的でダイエットをするにしても、数か月で数キロ落とす等の過酷な目標は立てず、最低でも半年から一年位の長期で計画を立てて、地道に運動とカロリーコントロールで減量した方が心身への負担がなく、健康的に痩せていけるでしょう。